沖縄風景画像集!

2012年02月10日

首相 普天間固定化防ぐ決意伝える

野田総理大臣は、
衆議院予算委員会で、在日アメリカ軍の再編問題に関連して、
早い時期に沖縄を訪問し、普天間基地を巡る一連の経緯を謝罪したうえで、
基地の固定化を防ぐ決意を沖縄県側に伝える考えを示しました。


基地固定化防ぐ決意を沖縄に

この中で、自民党の石原幹事長は、在日アメリカ軍の再編問題で、
日米両政府が沖縄の普天間基地の移設計画と海兵隊のグアムへの移転計画を分離し、
海兵隊の移転を先行して進めることで、事実上合意したことに関連して「基本方針の決定で状況が大きく変わったと思うが、沖縄の人は普天間基地が固定化されるのではないかという懸念を持っている。

環境を整えるためにも野田総理大臣が沖縄に行き、
自分のことばで直接、説明すべきだ」とただしました。

これに対し、野田総理大臣は「まず、前の沖縄防衛局長の発言など沖縄県民の心を傷つけたことへのおわびをしなければならない。

加えて、今、進展しつつある日米の協議で、普天間基地の固定化につながらないように交渉していかなければならないので、その決意と見通しなどを仲井真知事を含めた沖縄の人たちに説明する機会を早急に作りたい」と述べました。

また、石原氏が「日米両政府の合意の翌日に『責任者が田中防衛大臣で大丈夫か』という指摘が出ている」とただしたのに対し、
田中防衛大臣は「普天間基地の移設問題は、長年多くの諸先輩が苦労したもので、
ここ2年間大変迷走した。
私の手で少しでも解決の糸口を何とか探し当てたいという決意で臨んでいるので、任せてほしい」と述べました。(NHKニュース引用)

時々の、総理大臣、閣僚、官僚の器量・思惑で、沖縄(地域)の歴史を
翻弄してもらいたくはないものです。
原始的な、過去の政治・国家ではないはずですから。。。



posted by kuni at 01:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 沖縄の軌跡 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。